屋外にいるネズミ類にはペストコントロは基本的に効かないです

img_01


ネズミにだけ効いて、
ペストコントロが効かない動物はかなり多いですが、
チンチラ科チンチラ属のチンチラには効いてしまいます。
チンチラを飼っている家庭は、
ペストコントロを使わないようお願いします。

ペットとしてチンチラを飼う家庭は多いと思います。
ハムスターの方が主流ですが、チンチラもまた人気なのです。
チンチラの特徴を一言で表すなら、デカいハムスターです。
平均サイズは25cmくらいで、両手でようやく乗るサイズだと言えます。
ちなみに500g前後なので、そこまで重くありません。

寿命はペットとしてはそこそこ長く、
だいたい15年くらい生きます。
野生のネズミやハムスターの寿命は3年くらいなので、
チンチラはかなり長生きだと言えます。
なお、ウサギは5年から7年くらいです。
カピバラですら10年ちょいなので、
ネズミの親戚の中では一番長く生きている種かもしれませんね。

意外と知られていませんが、
ネズミはハムスターを飼っていると家に寄りつかなくなります。
既に住民(ネズミ)が居ると思っているので、
そのネズミは他の住居を求めてどこかに行ってしまいます。
ペストコントロが効かない場合は、
ハムスターやチンチラを飼うのが良いかもしれませんね。

逆に言えば、ペットを飼うのをやめたら、
ネズミが寄りつくことを意味します。
そうなったら今度こそペストコントロの出番です。
ペストコントロが効かないネズミはほとんど居ませんので、
この機械があれば大抵なんとかなります。
ただし、すべてのネズミにはペストコントロは効かないかもしれません。
一言で言えば、定住しないネズミは、ペストコントロは効かないです。
継続的にペストコントロの超音波と電磁波を浴びせることで、
初めて効果を発揮しますので、
屋外で生活するネズミには効果が薄いのです。

逆に言えば、外で放し飼いにしているチンチラでしたら、
ペストコントロを設置しても無事かもしれませんね。
ただし、チンチラは温度変化と湿度変化にすごく弱いので、
屋内飼育が基本です。
屋外のウサギ小屋のようなところで飼育すると、
直ぐに病気になっちゃいますよ。

メニュー